カテゴリ:General( 3 )

暑い!!!

今日は暑かった・・・
何度なんだろう~~~~

でも夏好きの私にとっては嬉しかったりもする。
暑かったら、涼しいところにいけばいいだけだもんね~~~
雪国で暮らしたことがあるので、暑いことについて文句言うことはなるべく控えているのだった・・・

ふっと、ちょっと思い出してみよう!!って気になったので

写真をちらっと見る。

e0111900_1631121.jpg


出発の日の夕方。曇り空から差し込む太陽の光がすっごく幻想的だった。関空道から






e0111900_16325068.jpg



ベトナムのおばちゃまはパワフル。撮影料が欲しそうだったので横から隠し撮り。






e0111900_16344832.jpg

圧倒されるほどの活気。人とバイクのあまりの多さ








e0111900_16354341.jpg


縦長の建物にこめられる、外部と内部の世界観






e0111900_16365715.jpg


ここで人々は何を思い、何を求めて生きているんだろう









e0111900_16374477.jpg





水上での生活。世界遺産に囲まれて育つ人々。









その輝きは永遠に・・・


あの時の気持ちを忘れずに
[PR]
by lunaxsol | 2007-02-17 16:58 | General

お片づけ

さぁ!!!

と意気込んでもなんだけど、今日は徹底的に片づけをするぞ。

最近かなりだらだらと過ごしたのが災いして、家が乱れている。そして、家が乱れると「気」も乱れ、心も乱してしまうことがある。私の現在の心の乱れは、即効に解消できないとしても、周りの環境を整えるべく、まずはお家を整頓し、その『気』の流れをスムーズにしよう!というのが今日のテーマだ。

幸いお仕事も入っていないので、がんがんやるぞ!
(結果報告は今しばらくお待ちを・・・・)

・・・・。

ちょっと掃除に飽きたので・・・


その間に夕飯の買い物と仕度をして、ちょい一息。
今日のメニューは、焼き魚と海老の塩焼き(家にある小型BBQでバルコニーで焼いてしまいます!)、サラダ、シャバット用のパン(ハラー)。

e0111900_1418986.jpg


それで終わればいいものを性懲りもなく、レインボーロリケットというご近所を飛びまくっている鳥に餌をやる。この鳥はなぜかしらいっつもカップル単位で行動なんですよね~

この2匹は毎日家にやってくる常連さん。
キョロとプル。

何故野生の鳥なのに識別できるの?!?!

と思われる人もいるのでは!!
でもね、わかるんだ。
仕草や私に対する慣れ度で。
不思議なもんです。はい。

雄のほうが怖がらないので、まずはプルが私の手に飛び乗ってからキョロが来るってのが通常のパターン。たまにキスまでするという熱々の鳥カップルである。あやかりたいものだ。

でもこんなことやってると日が暮れてしまうので(只今シドニーの日は大変長い(8時ぐらいまでは余裕で明るい)ので余裕とはいえども)掃除に戻らなければ。

報告は明日にでも!
[PR]
by lunaxsol | 2007-01-19 14:29 | General

アムリタでの始まり


e0111900_8435114.jpg


吉本ばななの本を読んだのは随分昔のこと




アムリタとは甘露という意味だそうだ。

その他にも神様の飲む水だとか、命の水だとかいろいろ意味の捉え方はある。
いろんなスピリチュアルな儀式でも聖水は用いられていることからも、水の重要性は計り知れない。

朝の一杯の水は、どんなに美味なものよりも体にやさしく
私たちの体をスタートさせてくれる。まさに甘露。

寝起きに一杯の水を飲み始めてからもう10年ぐらいかな。
飲み忘れるときってのは、必ず心が曇っているときだったりして
私のバロメーター的役割も果たしている。

一番効果的な方法は、

夜寝る前に一杯の水を部屋の朝日のあたる場所に置いておくこと。
朝日の持つエネルギーがその水の性質を変えてくれるらしい。
もちろん朝日を浴びながら飲むのが一番なんだろうけど・・・。

そして、いつも水を飲む。

水を飲みすぎると体を冷やしてしまうという意見もあるんだけど、
私はやっぱり自分の体を観測してみたところ、どう考えても水を飲んでいるときの方が調子がいいので飲み続けると思う。

どんな水を飲むかってのは難しい質問になりつつあるんだけど、自分に合う水を選ぶことに落ち着くはず。

日本在住外国人に、「外国人は日本に来た初期に髪が抜けるって言う人が多いんだよ。それだけ東京の水はだめ!」って言われてしまったので、個人的には日本の水はいいと思っていたんだけどあんまり豪語しないことにしている。
ただ、水が変わるってことは、体の根本の大きな部分が変わることでもあるから日本・海外に関わらず、変化が起こるのは当たり前なのかも。
アメリカにいたときは、日本人在住者の多くの人が、アメリカの水を使うと髪の色が抜けるって言ってたし・・・なんとも奥深し。

甘露というと

私は単純に、蓮の葉の一滴の水をイメージしてしまう。

何でだろう
[PR]
by lunaxsol | 2007-01-12 08:48 | General