カテゴリ:Body( 5 )

美脚体操〜2週間コース〜

実は、とあることがございまして
運動できない日々がしばらく続いていました・・・

今となれば笑い話ですが、歩けないってこと
そして、歩けても、いろんな人に追い越されてしまって
のそのそ亀子にならねばならないこと・・・等々
なんて、普通に歩けるってことが素晴らしいことか
思い知りました。タクシーなんて屁です。バスでも電車でも
自分で好きな時に駆け込み乗車できるくらいがよいのです。

そして、そう言う時に限って、何かしようと決めていたりするんですよね。
誠に残念ながら

そのひとつが、「美脚体操」
骨格の歪みをただしながら、本来あるべき位置に戻すことに酔って
美しい脚のラインを生み出すというエクササイズです。
このエクササイズ、実はフィジオセラピーで取り入れられているエクササイズに
とても近い。そして、ピラティスともちょっとクロスしている感じです。

折角、ブログを再開したわけですから
ここで「美脚体操」の報告を兼ねれば、続ける力が沸くのではないかと・・・

自分を大切に扱うことの出来る人は、幸せに近いと、私は思っています。
自分の為になること、自分が楽しいと思えることを
一日、一つでもやること
それは、自分を愛してあげること。
そして、その愛は、他の人をよく愛することにもつながって行きます。

フォーカスを自分に置き、自分を自分で満たすことが、今の私のタスクです。
美脚体操は、その一環。

自分の今の状態を直視し、認め、受容する。
そこから始めようと思うのでした。
[PR]
by lunaxsol | 2008-07-22 19:38 | Body

美は様々な形で現れる


久々のブログです。
少しテーマを変えてみようと思いますが
今までのブログを引き続き使用しようと思います。
今度は続きますように〜〜〜
おつきあいのほど、よろしくお願い致します

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


艶がなければ人は輝かないのではないか
ある日、ふと鏡を見て思いました。

そう、疲れた顔が移っていたんですよね。
その日から、「艶」がひとつのテーマになりました。

美というのは、ONLY ONEではなく、様々な形で現れるものだけど
輝きがない状態は、いくら美しい女性の魅力をも下げてしまいます。

そして、やはり目に留まる女性は、どこかに輝きがあります。
それは、艶やかな髪であったり、輝く笑顔であったり
優雅な身のこなしであったり、

だらら、女性はいろいろな方法で美しくなれるんですよね。

そして、どのような状況であっても
自分を保ち、美しくあることは可能だと。

艶やかであることはその第一歩

女性に産まれた限り、やはり美しくありたい
その想いを叶えられるよう
私も何かをしたいと、今考え中です。


[PR]
by lunaxsol | 2008-07-20 19:32 | Body

お風呂

日本人ならば・・・



温泉!!

そして毎日の入浴はかかせない!!っていうひとが多いのでは。

そういう私もお風呂大好き、温泉ラブ。
海外で何がなってないかって、バスタブ浅いですね~ それに、お湯が途中でぬるくなることも物件によってはありだし、どうせ自分だけだからお風呂はやめてシャワーにしよう・・・って考えてしまうことも大きな障害である。日本みたいに近場に温泉なんてない。乾いた体をゆっくり湯船につかって癒したいと思っている人はかなりいるはず!!

そういう私も・・・

昨日はちょっと煮詰まっていた。そんな私に気兼ねしてか、同居人様がお風呂に入れとお湯をはってくれた。で、やっぱりリラ~っクス。キャンドルまで焚いて癒されてみた。

それでも温泉がいいのよ!!って人には吉報がある。実はシドニー近郊のブルーマウンテンには、そういうオーストラリア在住日本人のために(それだけでもないはずだが)、和風のB&Bその名もスパラダイスというのができている。(行ったことないので誰か感想聞かせてください!)行こうかなぁ~って一瞬思ったけど、どうせならその分日本にいるときに温泉宿にとまってがいい・・・という下心もあって行けてないんだけど・・・

家でお手軽にできるスパ体験としてはこんなのもいかも。
日本でも随分昔から売られているクナイプはドイツ産。
ドイツでも古くから温泉療法はさかんでバーデンバーデンとかはとっても有名。

臭いもきつめなので薬用って感じまるだしです。

AHABAは死海のミネラルをふんだんに取り入れた商品を展開しているけれど、その死海のお塩が使われているバスソルト(日本でも買えるんだな~)

生き物が生存できない死海ですが、お肌によろしいミネラルはふんだんにあるようで。浮いてきた者の感想としては・・・

ぜ~~~~ったいに目に海水をいれてはいけません!!!

ふざけて海水をとばされたために、
ち~~~んっとなってしまった過去あり。
浮きたい人はよっぽど注意してね。
ただし、ぷかぷか後のお肌つるつる度は並じゃ~ありません。

最近は温泉療法やスパ療法等もメジャーになってきて、いろんなトリートメントの中に水を使ったものが取り入れられ始めている。この前いったマッサージは、なんとミストルームの中で行われた。(マッサージの姉ちゃんはボードショーツ着用) そのミストの中でマッサージを受けてからシャワーでオイルやら泡やらを流されるという大胆な施術。ちょっとトルコ風呂ぽかったけど、違うのは姉ちゃんがおっぱい丸出しでないところ。(トルコ風呂では、かなりでか~い姉さま(おばちゃん)がおっぱいふりふりしながらマッサージしてくれる)うふ、同じものを求めてはだめですね。
最近のThe Bachelorという番組では、プールの中でのマッサージがでてきてたし・・・体の筋肉をゆるめ、全身をリラックスさせる効果があるからなんだろう。


水が人間にとってどれくらい大切なのか


↑からもわかる。


だから海を見ると心にいいのかも。


シドニーもビーチはかなりキレイなんだけど、残念ながら水温が冷たくってなかなか長時間泳げない。海の近くに住んでいるっていっても、海とはそんなに関われてないのがちょっと残念。気合入れて体動かしてサーフィンとかもありだけど、なんせ寒い!!一日中だって泳げるハワイの海が懐かしくなってしまうけど、ないものねだりしててもね~


というわけで、面倒くさがらずにお風呂に入ろうと思ったのだった・・・
[PR]
by lunaxsol | 2007-01-24 16:36 | Body

あの森光子もスクワット!!

以前紹介した“ダンベル体操”の中には、スクワットが含まれている。そう、膝を曲げるだけの世にも単純な運動「スクワット」!でも、実はこれがなかなかのやり手なのだ。

80を過ぎても舞台ででんぐり返りをしている森光子も、スクワット実践者。あの歳で、あの若さを保ってる秘訣となれば、知らん振りはできない。(ちなみに彼女は朝晩75回だそう・・・)

嘘か真か、このスクワットには腰痛、むくみ、ダイエット、冷えにも効き、他にも生活習慣病やがん予防にもいいという。(注:詳しくはスクワット超健康法を参照のこと)

すんごいじゃ~~~ないですか!

これが本当ならテレビ見ながらあなたも超健康ですから!!

私は高校のクラブで痛めた腰に爆弾を抱えていて、季節の変わり目(+体重の変わり目)にかな~りシビアな腰痛に襲われる。そういえば・・・この腰痛に最近見舞われていないんだよなぁ・・・スクワットのおかげかも。

さぁ、超簡単スクワット運動とは?!


lunaバージョン


まず両足を肩幅(ちょい広め)ぐらいに広げる
(つま先を少し外側にむけると太ももの内側に効果的!)

全身の力を抜きリラックス
(上半身に力を加えないこと。私は1.5キロのダンベルを両手に持ちます)

背骨はまっすぐのばしたまま膝を内側に向けないように
ゆっくり膝を曲げてゆく

(このとき、息をゆ~~っくり吸う)

膝90度の位置でちょっと止まる
(このとき息も止める)

ゆっくりと筋肉を意識しながら膝を伸ばす
(息をゆ~っくり吐き出す)


簡単でしょ?

でも、体が追いついていないのにやりすぎたり、ウェイトを増やしすぎたりすると怪我のもとになるので、無理は禁物。自分の体の様子をうかがいながら回数を増やしていくのがベストかも。

ダンベル体操終了前に、20回スクワットをする。100回までは程遠いけど、効果は出ているような・・・階段を昇るのが楽になったり、お腹がいい感じに絞まったり・・・全身が映る鏡の前ですると体形チェックにもなるので一石二鳥!


おばあちゃんになっても元気で美しく!を目指しましょう。
[PR]
by lunaxsol | 2007-01-17 14:20 | Body

ダイエット

最近どうもサボり癖がでてしまって
半年以上も続けていた
ダンベル体操とウォーキングを中断していた。




ダンベル体操は、高校のときダイエットしたいと思ったのがきっかけで購入したアンアンの企画にあったやつ。大胆にも「4ヶ月で10キロやせる!」とかいうものだった。で、まぁやってみようと思ってしばらくやってみてたんだけどいつのまにか、終了。

体重の方はというと、確かに落ちた。でもその後アメリカに移動したので、ぶくぶく太り写真に残る私はまさにパンパン。さすがアメリカの巨大バーガー、チップス、アイスクリーム、ビール等酒類の力は生半可ではない。アメリカ(特に東/西海岸以外の地域)って、偉大だ。一時帰国したときに体重倍増している私を見て、皆驚いていったけ。封印したい写真山ほどあり。アメリカで太らずにいるってことはかなりの技だと私は思う。

で、
私はまだデブなのか?

いや、それが違うのだ・・・・

何故?

ダンベルのおかげ?

いや、そうでもない・・・・


単純なんだけど結局食べる量が減ってしまったってのが大きな理由みたいだ。以前は絶対に元をとれてたビュッフェも、最近はがんばりすぎると後で気持ち悪いので行かなくなったし、ある一定のラインが保たれてるようになったのは、自分ってのが少しずつ見えてきた頃からかも。(でもいまだにストレスでチップス一袋食べつくすこともあるが・・・・ださいなぁ~)

万人に共通ではないと思うけど、偏食/過食/拒食ってのは精神的な作用が大きいと私は思っている。満たされない気持ちが、食べるという一番自分に身近な方法を使って自分自身に信号を送っている。だから、ただ単に食事制限でアプローチしただけでは、根本治療ができずに、リバウンド等を引き起こすのだろう。現に自分自身を観察していても、調子のいいときやハッピーなときに選んでいる食べ物は体にいいものが多く、落ち込んだときやストレスが多いときは、普段なら絶対に食べないものを食べてる。(質と量の両方の面で)すげ~~~と思う。

なので、私的には全方面からアプローチしないとダイエットは(長期的に)成功しないと信じている。私論からいくと、幸せ太りの人のダイエットは簡単だといえるだろう・・・あは。誰かレポートしてほしいな・・・

最後に何故私がダンベルをしていたか?


年齢とともに重力に逆らえなくなってきたことに気づいてしまったから??いやいや・・・


自分の体が自分の思うように動く時間ってのは

永遠には続かない。

車だってナンだってちゃんと動いて欲しいものにはメンテナンスが必要。

じゃあ私の体もメンテナンスしなきゃ。

チェックして、悪いとこ治して

できるだけ長くいい状態で走って欲しい。

いい車に乗ったらハッピーだし、走りが良いと嬉しくなる。

体もおんなじ。


そう思ってダンベルを手にとってみたら、高校生の時のダンベル体操をまだ体が覚えていた・・・・あら、素晴らしい。それで黙々とお風呂前に飲みにいった帰りであろうがいつだって、ダンベルしてたのに・・・がつ~んときた大事件のせいにしてダウンしメンテナンスを怠ってしまってた。ブログ再開をよい機会にして、またぼちぼち始めるのだ~~~~~

e0111900_8465237.jpg


PS:とりあえず体を動かさなきゃと散歩にいってみた私のお気に入りのビーチのひとつ
[PR]
by lunaxsol | 2007-01-13 09:06 | Body